■□経営強化書□■〜心に沁みる経営格言〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜行列の出来ない法律相談所〜

<<   作成日時 : 2007/03/02 11:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行列の出来ない法律相談所
常連さんが頭痛を訴えていたので、気を利かせ、店内にある常備薬の中から解熱鎮痛剤を服用させました。ところが、数分後痙攣(けいれん)がはじまり、救急車で搬送するもその途中急性心不全で亡くなりました。聞く所によると、医師から処方された薬剤を服用中であったとのことです。この場合、責任は店舗側に発生しますか?      答えは、最後に・・・。

私は41歳。大厄のいま、その意味がよく解る身体の変化に苛(さいな)まれております。階段が登山です。100メートル走ると長距離です。スクーターは、底着きします。昨日の晩御飯が思い出せません。急激な体重増加で、遂にユニクロにも見放されました。夜間のタクシー乗車では、車体の後ろが沈み、前が上がることでハイビームとなり、対向車からパッシングされます。地球の最後は爆発するそうですが、75歳まで生きるとして人間の年齢に例えると43歳だそうです。そろそろ不整脈も出てくる頃でしょうか、地球がおかしいと感じられるような、明らかな天候異変が起こっていると思います。と同時に、小規模なものを含む世界各地での地震発生件数が10年前の約3倍にも達しているそうです。万が一の地震発生には、日頃からの備えが大切です。お客様の頭上には、落下しそうなモノはありませんか?本棚は壁や天井にシッカリと固定されていますか?ガラス付近の席がある場合、透明若しくはカラーフィルムで飛散防止を図っていますか?壁の掲示物はキチッとウォールフックに掛けていますか?「何もやっていないからこうなった」では済まされず、その結果として、『やるだけやったけど、こうなってしまった』という準備を進めておかないと、万一の際には、店側の責任負担が発生します。

さて、冒頭の答えです。店側の責任按分が発生します。判例がある以上、例え善意でも、責任は回避できません。ご注意ください。店舗や事業所に常備可能なものは、外傷薬に限ります。内服薬や、目薬等は撤去すべきです。加えて、■ホカロン■ヒエロン■カラタオルの準備を推奨します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜行列の出来ない法律相談所〜 ■□経営強化書□■〜心に沁みる経営格言〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる